2017年04月07日

グルタミンとグルタミン酸のお話

 4月に入って暖かくなってきましたね。
私は花粉症に悩まされています......

 話は変わりますが、YSFfirstの振り返りの記事に書いた通り今回はグルタミンとグルタミン酸について書いていきます。
「まだそっちの記事見てないよ〜」っていう方はぜひそちらもご覧下さい。

 さて本題に入りますが、やっぱりグルタミンとグルタミン酸ってとても名前が似てますよね。しかしこの二つの物質は性質はかなり異なります(化学式は非常に似てますが)。

 今回はその二つの物質についてわかりやすいように簡単に書いていきます。

 まずはグルタミン酸です。この物質名は聞いた事がある人が多いと思います。簡単にいうと、最初に見つかったうま味成分です。あの有名な調味料「味の素」にも含まれています。ちなみに、昆布やチーズにも多く含まれています。

 次にグルタミンです。この物質の役割としては、筋肉の分解抑制、消化管機能のサポート、免疫力の向上などに効果があると言われています。
 1番身近な例としては、筋肉をつけようとしてトレーニングをしますが、その際に体内のグルタミンを消費しています。その後にグルタミンを補給しないと体内で筋肉を分解してそこからグルタミンを補給します。そのため、筋肉をつけようとしてるのになかなかつかないという本末転倒な状態になってしまいます。
 風邪などを引いた際にずっと寝ていて筋肉が落ちてしまうという理由の1つもこのことなのです。

いかがでしたでしょうか?
 同じような名前の物質でも、こんなに性質は異なっています。他の様々な物質にもこのようなことがあります。気になった方はぜひ調べて見てください。面白いと思いますよ(* • ω • )b
 今回はこの辺で終わりにさせていただきます。ありがとうございました。


※ここまでご覧になっていただきありがとうございます。今回はわかりやすいようにかなり簡潔にまとめました。なので情報が不十分な点があるかも知れませんがご了承ください。


 
posted by クリエイター at 23:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: