2017年02月09日

カードの作り方

分子構造カード: 120枚(ぐらい)。
予算: ラミネーター本体、インク代は無しとした場合、1000円程度。
 厚紙A4用紙(100枚) ~800円(一枚9カード作れるので、一セット17+α枚使用します)
 ラミネートフィルム(120枚) ~600円
時間: 2〜3時間程。

1)カードの画像をダウンロードする。
全部で14枚+カードの裏柄の1枚の合計15枚。
Windowsは右クリックで「画像を保存」。
Macは「control」+クリックで「イメージをダウンロードに保存」。
一枚2~3MB程です。 間違ってサムネールをダウンロードしないで下さいね。

2)紙にプリントする。
使用例:「コクヨ 厚紙用紙 A4 100枚 LBP-F31」

IMG_5840.JPG

普通のA4だと透けてしまうので、なるべく厚めの紙を使います。 0.21mm以上を推薦(名刺がその位の厚さ)。
厚すぎるとプリンターに詰まってしまうので、気をつけて下さい。

分子構造のページを一枚試し刷りをする。
カードのサイズが横63mmx縦89mmになっているかチェックする。
カードとカードの間に「+」の切り線があるので、そこを基準に定規で測ってください。
サイズが違う場合、サイズ調整を行いもう一度プリントする。
マックの場合、サイズ調整24.5%がちょうどでした。
サイズ調整が終わったら、分子構造のページを全部プリントします。

分子構造の紙の裏面に柄をプリントするのですが、
試し刷りに用いた紙等を使い、用紙トレーに入れる向きなどを確認して下さい。
表と裏の向きがあっているかチェックして下さい。
確認が終わったら柄をプリントします。

3)紙を切り、カードにする。
「+」の切り線に沿って定規を添え、カッターで切ります。
下にカッター用のマットや画用紙、段ボールを置くとテーブルが傷つきません。
一人で14枚全部切るのに、1時間ほどかかります。

4)ラミネートする。
使用例:「アスカ ラミネーター専用フィルム (カードサイズ用・特120枚) BH205」
IMG_5844.JPG

ラミネートフィルムに切ったカードを入れ、ラミネーターに投入します。
安いのであれば、ラミネーター本体は1万以下で買えます。
まだどの物質を使うか模索中ですので、現段階では自分のお好みで選びラミネートして下さい。
posted by クリエイター at 15:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: